LE GROS TUBE LIVE IN KYÔTO - Création d'un album live en vinyle CD & Digital

Become a partner of the production of our first live album!

Visueel van project LE GROS TUBE LIVE IN KYÔTO - Création d'un album live en vinyle CD & Digital
Geslaagd
104
Backers
18/11/2018
Einddatum
€5.335
Voor €5.000
107 %

LE GROS TUBE LIVE IN KYÔTO - Création d'un album live en vinyle CD & Digital

Since 2003 Le Gros Tube has traveled the roads and peddled its all-terrain, powerful and irresistible groove in the counties and regions of France and Europe (Germany, Croatia, Slovakia, Austria, England, Scotland, Spain, Portugal) but also North Africa (Jazzablanca, Tanjazz Festival) and Middle East (Syria).
While enjoying to perform in the street and on scene we also self-produced 6 albums: "Le Gros Tube tient le bon bout" (2006), "Nuit blanche" (2008), "Paske Yeah"(2009), "Traffic" (2012), "Pünga"(2013) ,"Spook" (2015) and a compilation of our best tunes: "Florilège" (2017).


To celebrate our 15 years of existence and don't lose anything of our creative desires, we are working on our most important project: The recording of a live album in Kyoto, the last stop of a Japanese tour that will take place from November 18th to December 3rd! This recording will be done at The UrbanGuild, the prime location of the underground culture of Kyoto for over 12 years, located on the Kamo rivers banks, in the Sanjo nebourghood.

The UrbanGuild's programming is one of the most sophisticated, eclectic and well-rounded programs available in the Kansai region and we will have the honor of performing for three evenings in a row: the November 27, 28 and  29th. The Recording will be live.

We will work with Sato Koji, sound engineer from Kyôto, for the sound recording of all three concerts as well as on the mix. The mastering and reproduction of the album "The big tube live at Kyôto" will be done in France .
For this great occasion we want to produce this disc not only on digital platforms and CD format but also in LP!

Le Gros tube is:

_ Mathieu Paolini: lead vocals & flute

_ Jerôme Fouquet: trumpet

_ Brice Perda: sousaphone

_ Théo Glaas: snare drum & vocals

_ Nico "Nucks"  Wurtz: bass drum & back vocals

_ Olivier Proust: trombone

_ Michaël "Wakko" Havard: alto sax

2003年以来、 "Le Gros Tube”は フランスとその近隣諸国(ドイツ、クロアチア、スロバキア、オーストリア、イングランド、スコットランド、スペイン、ポルトガル)の他、北アフリカ(Jazzablanca、Tanjazz Festival)や中東(シリア)でもそのパワフルで魅力的なグルーブを披露してきました。 通りやライブハウスでの演奏活動を楽しむ傍ら、今までに7つのアルバムとコンピレーション・アルバムを制作しました。 15年間の演奏活動を記念するため、そしてこれからも創造に対してハングリーであり続けるため、私たちは現在、最重要プロジェクトに取り組んでいます。それは今年の11月18日から12月3日まで行う日本ツアーの最終公演の場である京都におけるライブアルバムの録音! この録音は12年以上にわたり京都の前衛文化のメッカとして君臨してきたアバンギルド(三条駅、鴨川のほとり)にて行われます。

アバンギルドの洗練された幅広いライブコンテンツは関西トップレベル。私達はこの場所で11月27日〜29日まで3日連続演奏することを誇りに思います。当日はライブ録音が行われます。 録音とミックス作業は京都在住のサウンドエンジニア、佐藤浩二さんにお願いします。 アルバム「Le Gros Tube ライブ・イン・京都」のマスタリングとプレスはフランスで行います。 今回は特別企画としてデジタルプラットフォームとCDフォーマットに加え、アナログレコードの製造も考えています。

Waar dient de collecte voor

Donations will be going directly to our association "International Music Motion" 

Kies je beloning

Een gift doen

Ik geef wat ik wil